• Miyuki Tajima

多次元キネシオロジー プラクティカル4日目 〜松果体活性法〜


多次元キネシオロジー プラクティカル 4日目

今日は、このプラクティカルコースの目玉

松果体活性法

です。

松果体は、第3の目 とも言われる 脳の中央に位置する内分泌器官で

ホルモンであるメラニンを産生します。

哲学者のデカルトは

「物資」「精神」 という二元性を繋ぐ重要な場所として

「魂のありか」と称しました。

色んな影響から松果体が閉じてしまう事があるのですが

そうすると思考がクリアにならず

現実の仕事や日常に支障が出たり

自分の持っている能力を発揮できなかったりしてしまうので

殆どの人に有効で且つ重要な調整になります。

様々な要因をぶっちゃけて言うと

宇宙系のブロックだったり、エンティティだったりが関わってる事も多いです。

のりこさんは、いつか宇宙系の調整を教える日が来るかどうか、、と思いつつ

もう諦めてたくらいだったところ、今回思いもよらない流れで

宇宙系の調整を教える日がついに来た!

しかも

今年の日本での多次元キネシオロジーセミナーで

急に!!

その話を聞いている時、泣きそうになりました。

誰よりも日々セッションをして

検証して、研究して、探求して、、、

前人未到の世界を切り開いて来たその圧倒的努力

(勿論、夢中でやってる事であって努力とは思ってない状態だろうけれど)

脱帽です。

しかも、どう考えても怪しい 笑

宇宙人遺伝とか、ウォークインとか、インプラントとか.....(言わないけどね!)

でも、全てはエネルギーなので

そういうエネルギーがあるという事で、名前は問題じゃない。

普段のセッションでは

怪しいと思う人が殆どなので、まず言いませんが

大きく影響を及ぼすものなので

調整が必要と出てきたら、密かに調整します。

そんな、怪しいと思いつつ、疑いつつ

でも、今までいくらセッションを受けても

イマイチ変化しない人が、

宇宙系セッションだとしっくり来て

しかも効果テキメンだったので

ひたすら筋反射を信頼してやってこられた

のりこさん。

今回のセミナーでは、クラス以外に

アルクトゥールスのアチューメントや

アチューメントを受けられる状態にする為の調整のセッション

具合が悪くなった人の臨時セッションなど

休む暇もなくずっと稼働してます。

夕食後、深夜までのセッションに及び

寝不足な毎日。

ヒーリングなのに

闘魂

と言う言葉が浮かぶのりこさんの姿に

ただただ脱帽で、感謝しきれません。

あんなに大きなエネルギーを動かして

しかもパワフルで元気で凄いな。

今回のスキャンリストやファイル2冊分の

シンプルにまとめられた様々なリスト。

こんなに、のりこさんの集大成を余すところなく頂けた事も

本当に感謝しきれない。

テキスト頂いて見た時に、実は感動して泣けてきました。(T ^ T)

そんな中

クラス中、20名もの色んなものが上がってきて

部屋のエネルギーが重くなりがちな時

オサムさんが頻繁にクラスルームを浄化してくれたり

実践セッション中、オサムさんの口笛が聞こえて来たりして癒される 笑

様々な取りまとめなど、密かに大変なサポートをしてくれて安心します✨

セミナーでは

今回、私は何度も同じような身体からのメッセージが上がってきて

もう、本当に目の前に突きつけられてます。

そのメッセージとは、簡単にシェアすると

私の魂の望みがあるのに

深いところ(私の意識上にないところ)で

エネルギー的に満たされてないので

刺激を求めて今の自分に必要ない事をやっている状態。

これが、魂の本当の望みと違うから、現実的には問題が起こっている

現実が苦しくなる事で魂の望みとズレとるよってお知らせが来ている。

詳しくは下山したらちゃんと書きます。たぶん(^^)

セミナーも残すところあと1日。

もう終わっちゃうのは寂しいけれど

最後まで楽しみます。

今回参加できた事

本当に感謝✨

今日はお昼時に雨が止んだので

ドランヴァロのストーンサークルで

お祈りしました。🙏

デトックスから復活🎉

松果体活性法

アルクトゥールスヒーリングが加わった多次元キネシオロジー!

皆が幸せに

持てる才能/可能性を最大限に引き出す

サポートができるよう意図します✨

#アルクトゥルスヒーリング #松果体活性 #多次元キネシオロジー #ヒーリング #フィボナッチヒーリング #IHヒーリング #音叉ヒーリング #キネシオロジー

103回の閲覧

©Copyright 2015  Miyuki♡oneness All Rights Reserved. 掲載された全ての写真、文章などの無断使用および転載はご遠慮下さい。